ペアリングをつける指って決まってるの?つける指の意味をお教えします!

結婚指輪は左手の薬指に、ペアリングは右手の薬指につけるもの。そんなお話を聞いたことはありませんか?でも本当にそうなのかな~?他の指にしちゃいけないの?と思っていらっしゃる方も多いと思います。

結論から言いますと・・・ペアリングをつけるべき指というのは決まっていません!

お二人で相談して、自由に選ぶのが一番良いと思います。

ではなぜ「結婚指輪は左手の薬指に、ペアリングは右手の薬指に」とよく言われているのか

古くからヨーロッパでは指輪をつける指それぞれに意味があり、その都度の目的にあわせてどの指につけるかを決めて指輪をつくらせていました。

その流れから指輪をつける指に込められたの意味 (一種のおまじない) として「結婚指輪は左手の薬指に」と言われる様になりました。

そうなんです。結婚指輪の場合は左手の薬指につけることがルールとして決まっています。

それは、左手の薬指には「愛情と絆を深める」という意味があり、古代ローマ時代より左手の薬指には愛の静脈が心臓に繋がっていて、指輪をつけることで永遠の愛を願うという習慣から、結婚指輪は左手の薬指につけるようになりました。

もちろんペアリングを左手の薬指につけてもOKです。お二人が「愛情と絆を深めていきたい!」と思っていたら左手の薬指がいいですね!ただ、人によっては「左手の薬指は結婚まで指輪をつけない」と決めている方もいらっしゃるので、よくお二人で話し合ってから決められた方がいいと思います。

右手の薬指には「心を安定させて感性を高める」という意味があります。お二人のお付き合いが始まって、心穏やかにお互いを知っていくという意味でペアリングが右手の薬指に選ばれることが多いです。ここから「ペアリングは右手の薬指に」という話ができました。ただ、前述しましたが、ペアリングについては結婚指輪の様なルールはありません。

そう!ペアリングはルールが決まっていないからこそ、ペアリングをつける指選びが重要なのです。

それでは、両手の薬指以外の指の意味も見ていきましょう。

 

ペアリングについて2

左手

親指 = 信念を貫く意志の指 ⇒ 受験を控えたカップルや理想のマイホームをご検討のご夫婦に。

人差し指 = 積極的になれる指 ⇒ なかなか素直になれないお二人に。

中指 = 人間関係を築く指 ⇒ お互い心を許せる関係になっていけるように。

小指 = 出会いの指 ⇒ ペアリングとしては・・・この指は避けましょう。

右手

親指 = 困難を打破する指 ⇒ 一人では難しいことでも二人なら乗り越えられる。

人差し指 = 行動的になれる指 ⇒ フェスやイベント、旅行をいつまでも楽しみたいカップルに。

中指 = 邪気を払う指 ⇒ ツイていないことがあったけれど、これから頑張るお二人に。

小指 = 魅力を上げる指 ⇒ 魅力的な二人になって、いつまでもお互いを想えるように。

 

いかがでしょうか?指それぞれの意味にあわせてお二人でペアリングについて話すことは、とっても楽しく気持ちも確認しあえるので、よりお互いの仲を深めあえる良いチャンスだと思います。

さらに、横浜指輪工房では、話し合って決めた指にあわせて、ペアリングをお二人で作れます

折角いろいろ話し合ったペアリングなのに、ただ単にサイズの合うものを選んで購入するのではもったいない!

お二人の想いにあわせてペアでつける指を決めて、指にあわせたデザインを決めて、二人で作る。

そうすると出来上がったペアリングをつける頃には、もっともっとお互いを深く好きになっていますよ!

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事