本物?偽物?ジュエリー・アクセサリーの貴金属刻印の信用性

オーサー
公開

最近ではネットショッピングでジュエリーやアクセサリーを購入される方も多いと思います。直接お店に行かなくても様々なデザイン・価格のアイテムをお家でゆっくり選べるところがネットショッピングの魅力ですよね。

しかし、実物を見ることができないので、サイズの表記があっても「思ったより小さかった! (大きかった!)」や「ネットの画像よりも質が悪かった」ということも。中には「シルバーと思って買ったのに偽物だった!」というケースも聞きます。

イメージと違う品物が送られてくることはもちろんショックですが、買った品物が原因で金属アレルギーを起こしてしまうと後々の体のケアが大変になってしまいます。それだけにネットで購入する場合は特に金属の種類を気にかけて購入することが重要です。

しかし、問題は刻印されている金属の種類と実物の金種が異なる商品があることです。一部の不誠実な業者による場合が多いのですが、後から「騙された!」となってしまわないためにも、金種刻印について詳しくご説明していきます。

 

金属の種類を表す刻印とは?

金属の種類を表す刻印を金種刻印、又は金性刻印といいます。アイテムやメーカーによって打刻されている場所が異なります。

金種刻印が打刻されている主な場所

指輪
指輪の内側に打刻されていることが多い。
ネックレス
ネックレスの端、特に留め金具の受け側に打刻されることが多い。
ペンダント
裏面や側面に打刻されることが多い。
ピアス・イヤリング
ピアスは針、イヤリングは金具の底面、又は裏面に打刻されることが多い。
バングル・ブレスレット
バングルの裏面、ブレスレットは金具に打刻されることが多い。

刻印が金種を表す刻印には次の様なものがあります。

金種刻印の代表的な例

18金
K18
18K
18KT
750
14金
K14
585
10金
K10
プラチナ
Pt
Pm
金張り
GF (例: K18GF)
金メッキ
GP (例: K18GP)

これらが主な金種刻印になります。貴金属 (プラチナ・金・銀) 以外の金属は、金種刻印が打刻されていないことが多いです。金種と刻印の内容について詳しくお知りになりたい方は刻印の意味について書いた記事がありますのでご覧ください。

 

金種刻印の打刻にルールはあるの?

金種刻印の打刻には国によるガイドラインや法律などのルールは定められておりません。また検査士資格なども無いので、誰でも金種刻印を打刻することができます。このことは他の国でも同じ事が言えます。

ワークショップ「横浜指輪工房」の付けて帰れるカジュアルペアリングコースでも、もちろん純度に合わせた刻印ですが、ご自身でシルバーリングに金種刻印の打刻体験をして頂いております。

日本は情報開示に厳しい文化土壌がありましたので、これまではルールが無くても各メーカーが倫理観を持って独自に打刻していても問題はほとんど起こりませんでした。しかし、ネットショッピングの発達により、現在は大きく状況が変わってきています。

金種刻印のルールには一部例外がある

「誰でも金種刻印を打刻することができます」と書きましたが、一部例外があります。日本国の旗が交差しているマークが金種刻印の隣に打刻されていることがあります。この刻印は造幣局が検査を行い、金種と純度を満たした場合に押される検定印です。

この刻印がある場合には、金種刻印の信頼性は高いと思われます。しかし、現在この検定マークを偽造した犯罪も出てきており、一概に「検定印が打刻されていれば安心」とならないため、新たな仕組み作りが必要な状況になっています。

 

注意すべき金種刻印・金種説明の3つのケース

お読み頂いて少し不安になってしまった方もいらっしゃると思いますが、ほとんどのジュエリーやアクセサリーは打刻通りの金種です。しかし一部の、特にインターネットのみで販売を行っているお店では誤解を招く様な刻印表記をしているショップがあります。

その様なお店は完全にウソをついてしまうと返品や訴訟のリスクがあることが分かっているので、グレーなラインで商品説明をして金種刻印を打刻しています。購入しようと思った品物がこれからご紹介させて頂くケースに当てはまる場合は注意して下さい。

①明らかに見た目と刻印内容や説明が違う

明らかに説明と見た目や刻印内容が違う場合は購入を控えるか、お店に問い合わせましょう。例としては、見た目がプラチナ色なのにゴールドフィルドと説明されていたり、実際に「GF」や「GP」などの刻印が打刻されている場合です。

ゴールドフィルドとは金張りのことなので、見た目の濃淡はあっても金色です。輸入品を販売しているお店の中には詳細を理解しないまま販売しているお店もあるのでご注意下さい。ただ誤表記の可能性もあるので、欲しい品物がある時には問い合わせましょう。

②金属の種類ではなく色を説明・刻印している

商品名では「シルバー」や「ゴールド」と表記されていて、商品説明には「ゴールドカラーの~」と説明されているケースです。ほとんどの場合、商品には金属の種類を示す刻印は無い様ですが、場合によっては「GOLD」や「SILVER」と刻印されていることも。

この様な刻印は違法ではないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、先述の通り、刻印の打刻にはルールがなく、見た目の色を刻印することが禁止されているわけではないので、罰せられることもありません。

③メッキの種類を刻印している

最近見かけた中で特に怖いと思ったケースです。商品説明は「シルバー925」や「K18」と表記していて、説明文には「正真正銘のスターリングシルバーメッキを使用して~」などと書かれています。このケースでは刻印も打刻されていることが多いです。

メッキの成分を刻印することも違法ではなく、取り締まることはできないと思われますが、本体の表面に施されている数ミクロンの成分のみを刻印表記することは明らかな誤認商法ですよね。説明をしっかり読んで確認してから購入するようにしましょう。

 

金属アレルギーと金種刻印は切り離して考えよう

金種刻印とは少しだけ離れたお話になりますが、よく混同されてしまうのが金属アレルギーの問題です。金属アレルギーは人によって症状が出る金属が異なるため、表記通りの刻印成分でも症状が出てしまうことがあります。

サージカルステンレスやチタンを使用したジュエリーやアクセサリーの場合でも、可能性はかなり低いですが、金属アレルギーの症状が出てしまうことがあります。また、刻印通りの純度の金やプラチナ素材でも、金属アレルギーの症状が出てしまうことがあります。

 

「金属アレルギーかな」と思った時の対処方法

購入してすぐに違和感を感じた場合は購入店に相談しましょう。時間が経ってしまった場合は以下の様な対処方法があります。

①使用を中止して様子をみる

「今まで18金のピアスを使っていて問題なかったのに・・・」といった場合は使用を中止して1ヶ月程、様子を見ましょう。購入した品物が偽物の可能性以外にも、18金に含まれる副成分によってアレルギーが起きていることも考えられます。

②お店で金属の種類を調べてもらう

成分を知りたい場合はジュエリーショップやお買い取り店で見てもらいましょう。当店でも3日~7日程お時間を頂いて成分を確認することができます (検査料無料)。簡易的に自宅で検査する方法ですと、磁石を使用してくっつく場合は偽物の可能性が高いです。

③問題があったお店での購入は避ける

実物のジュエリーやアクセサリーと金種刻印の内容が違っていても現状では罰する法律がありません。そのため、購入後に販売店に返品や返金、保証を求めても対応してもらえるケースは少ないので、今後は問題があったお店での購入を避ける以外にありません。

 

まとめ

金種刻印と偽物の問題については、現状では予防がなかなか難しい状況にあります。特に実物を見ることができないネットショッピングの場合では、購入したい商品の説明と刻印内容をよく確認し、信用できると思ったショップで購入して下さい。

後から「騙された!」と、ならないためのポイントは次の3点です。

  • 金属の種類を気にして買う
  • 金種刻印だけを信用し過ぎない
  • 不安があったら販売店に問い合わせる

金種刻印への知識を深めて、ジュエリー・アクセサリー選びをより楽しんで頂けたら嬉しいです。

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

前の記事
結婚指輪やペアリングの刻印は後から決めれる?消せる?やり直せる?