指輪をプレゼントする前に!必ず押さえておくべき5つのポイント

オーサー
公開

指輪はジュエリーの中でも比較的にメッセージ性の強いアイテムです。そのため、プレゼントする場合には状況によって好印象にもマイナスにも働いてしまいます。「指輪をプレゼントして失敗した><」と、ならないための重要な5つのポイントをご紹介します。

指輪はプレゼントされても嬉しくない!?

インターネット上で指輪をプレゼントしてもらった側の方の気持ちを調べてみると、婚約指輪の場合を除き、「プレゼントを貰えるのは嬉しいけど、指輪じゃない方がよかった。」という内容が結構多く出てきます。

また、当店の併設店ではジュエリーのリフォームや修理を承っているのですが、その際のお客様との雑談でも時々近い内容のお話を伺うことがあります。折角お相手のことを想って・選んで・買った指輪が喜んでもらえないと、とてもショックですよね。

しかし、このプレゼントに指輪は嬉しくないという気持ちを読み解いていくと、プレゼントに指輪を選ぶことが問題なのではなく、指輪を贈る側と贈られる側との間に考え方のミスマッチがあって喜んでもらえなくなっていることがほとんどです。

今回はその、ミスマッチを減らす重要ポイントを解説をしていきます。中には、普段指輪を付け慣れない方には気づきにくいポイントもありますので、「え~!別のプレゼントが良かった。」と思われないためにも、頭の片隅に置いておいて頂けたら嬉しいです。

 


ポイント① サイズ

ネックレスやピアス等のジュエリー・アクセサリーと違い、指輪の場合には指に合ったサイズ選びが必要です。アバウトなサイズではなく、洋服や靴と同じようにピッタリ合ったサイズを選ばないと、着け心地が悪かったり紛失してしまう可能性があります。

贈る側のミスマッチな考え方

「喜んでもらえそうな指輪を見つけた!プレゼントした後にお店に行ってサイズを調整してもらえばいいかな。」

貰う側のミスマッチな考え方

「プレゼントは嬉しいし、指輪もカワイイけど、サイズが大きい (小さい)。私のことあんまり興味ないのかな?」

対策方法

普段の生活で恋人の指輪のサイズを知る機会は少ないので、いざプレゼントしようとする時に分からないこともありますね。しかし、サイズが分からないままプレゼントしてしまうと、「私はこんなに太ってない!」と、逆に怒られてしまうことも。

もちろん、ほとんどの指輪は後からサイズを直すことは可能ですが、時間もお金もかかってしまうので、先に知っておいた方が良いです。恋人とショッピングに行った際に何気なくお店で指サイズを測ってもらう方法や、恋人の指輪を測る方法があります。

お店で測ってもらう場合は「この指輪はこの指に似合うんじゃない?」と、薬指以外の指のサイズも知っておくと良いです。自宅で測る場合は、ショッピングサイト等でリングゲージ (日本のサイズ単位「号」で指輪のサイズを測る棒) を購入すると便利です。

 


ポイント② 指輪についてのイメージ

ペアリングや結婚指輪が指輪である様に、指輪は少し特別感が高いため、他のジュエリー・アクセサリーや日用品のプレゼントに比べて気持ちが重いと感じる人もいます。お二人の関係によってプラスにもマイナスにも働きますので、考え方のリサーチが必要です。

贈る側のミスマッチな考え方

「自分は指輪着けないけど、指輪のプレゼントってロマンチックだよね。いつも付けていてくれたら嬉しいな。」

貰う側のミスマッチな考え方

「嬉しいけど、いつも付けてないといけないのかな?浮気防止?束縛されているみたいで、ちょっとイヤだな。」

対策方法

指輪は他のジュエリー・アクセサリーと違い、お二人の関係の近さや一体感をイメージさせます。このことは指輪を付け慣れない人より、普段から指輪を付けている人の方が強く感じる様です。お二人の距離感によって今プレゼントするべきアイテムか考えましょう。

友達関係の場合は誤解を生む可能性にもなるので、止めておいた方が良いかもしれません。逆に良いタイミングで指輪をプレゼントしたり、一緒にペアリングを選ぶとグッと距離が縮まります。今の距離感を計りつつ、恋人の指輪へのイメージをリサーチしましょう。

恋人の指輪へのイメージをリサーチするには、何気ない普段の会話の中や、友人を引き合いに出して探ってみる方法が良いです。テレビや雑誌の話の中で指輪について触れてみたり、「○○カップルがペアリング付けてて~」という会話で軽く振ってみて下さい。

 


ポイント③ 好みのブランドや素材

ジュエリーやアクセサリーは、お洋服に合わせて選ぶことが多いアイテムです。そのため、好きなブランドがあって指輪は決まったお店で買っているという人もいます。また、金属アレルギーにかかってしまい、特定の種類の金属が付けられない場合もあります。

贈る側のミスマッチな考え方

「自分は、このシルバーブランドが好きだから、大好きな恋人にも、このブランドのカッコ良さを知って欲しい!」

貰う側のミスマッチな考え方

「その指輪、私のファッションに合わないんだけど。というか金属アレルギーでシルバー付けられないよ。」

対策方法

プレゼント全般に言えることですが、普段から恋人のファッションや好きな物、金銭感覚を知っておくことが大切です。ウインドウショッピングデートをすると、自然と恋人の好みや普段付けているファッションアイテムにかけている金額が分かってきます。

恋人が好きなアパレルショップやジュエリーブランドを覚えておいて、後からインターネットで調べるのも良い方法です。ただ、人によってはファッションアイテム (洋服・ジュエリー・アクセサリー) は自分で選んだ物しか付けたくないという方もいます。

デート中の会話の中で、金属アレルギーではないか、指輪のプレゼントが喜んでもらえそうか、様子を窺ってみましょう。一番大切なことは、押し付けにならないプレゼントをすることです。デザインも金額も、お相手に合った指輪を選びましょう。

 


ポイント④ 日常のスタイル

デザインの主張が強い指輪は付けられるシーンが限定されてしまい、徐々に使わなくなってしまうことが多いです。自分用の指輪の場合は、このことも計算して購入できますが、プレゼントする指輪は普段のライフスタイルに溶け込める様なデザインがオススメです。

贈る側のミスマッチな考え方

「一目見て、自分の想いや二人の愛情を形にした様な、デザイン性の強い指輪をプレゼントしたいな。」

貰う側のミスマッチな考え方

「仕事の時もプライベートも付けたいから、普段の服やジュエリーと合わせ易いシンプルな指輪が良いな。」

対策方法

指輪に託して想いを伝えることは大切ですが、必ずしもデザインに表れている必要はありません。ご職業にもよりますが、デザインの主張が強くなると、普段の生活の中で身に付けられる場面が減ってしまい、しまったままになってしまうことがあります。

プレゼントされる側の人の想いは、いつも付けていたい気持ちの方が、二人の想いがデザインモチーフになっていることより強い傾向にある様ですので、どんなシーン・ファッションの時にでも合わせられる指輪をプレゼントした方が喜ばれます。

ポイントは、あくまでも主役はプレゼントを貰うお相手であって、指輪ではないということです。お相手の生活スタイルやファッションを覚えておいて、お相手自身と、着ているお洋服や付けているジュエリー・アクセサリーが引き立つような指輪を贈りましょう。

 


ポイント⑤ プレゼントするシチュエーション

指輪はちょっと特別なプレゼントアイテムですので、プレゼントするタイミングやシチュエーションを事前に準備して下さい。タイミングはお相手の誕生日やお二人の記念日、クリスマス等のイベントの時が良いです。渡す場所も予め決めておきましょう。

贈る側のミスマッチな考え方

「恋人に喜んで感動してもらいたい。当日までは知らせずにサプライズで指輪をプレゼントしたいな。」

貰う側のミスマッチな考え方

「指輪のサプライズプレゼントは、どう反応して良いか戸惑う。サプライズじゃなくて二人で選びたかったな。」

対策方法

指輪をプレゼントされた方の中で、一番好みが分かれるポイントはサプライズプレゼントの場面です。「ビックリしたけど、想ってくれていることが伝わって嬉しかった!」という方がいる反面、「急に指輪をプレゼントされても反応に困る。」という意見も。

この「反応に困る」は、今までご紹介してきた4つのポイントでのミスマッチがある場合が多く、さらに突然告げられることで、贈る側が意図していなくても「大切なことを突然言われても困る。」「喜ばないといけないのかな?」と感じているということです。

もちろん4つのポイントを押さえた上で贈る場合は喜んでもらえる可能性は上がりますが、指輪のサプライズプレゼント自体が突然の告白に近いイメージを与える可能性がありますので、喜んでもらえる十分な確証が無い限りは避けた方が良いかもしれません。

 

まとめ

指輪をプレゼントにする際には、5つのポイントを頭の片隅に置いて、考え方のミスマッチが起らないように選んで下さいね。そして、十分にお相手の内面的な部分を考慮して「これなら喜んでもらえる!」と思ったタイミングでプレゼントしましょう。

指輪のプレゼントは贈る側が意図しなくても重く受けとめられる可能性があるので、友達関係では別の品物をプレゼントした方が無難です。逆にご家族間や恋人間であれば、贈り方さえ間違えなければ、お二人の関係をより深めてくれるでしょう。

「イマイチ自信無いな~」という場合は、ショッピングデートで、お相手が「これカワイイ!」と言った時に「それプレゼントするよ!」と、選んだものをプレゼントしたり、「ペアリングを二人で作りに行かない?」と提案する方法もあります。

あなたのプレゼントがお相手に喜んで貰えて、お二人が幸せな気持ちになれる様に応援しています!

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

前の記事
ピアスをすると耳がかゆい!?金属アレルギーの原因・対策・予防方法