結婚指輪選びのコツ。指輪の幅が太めか細めかで印象がこんなにも違う!

オーサー
公開
更新

いよいよ結婚が決まって、「結婚指輪どうしようかなぁ~」と色々調べてみると、想像以上に色々なデザインや金額の結婚指輪があって「何を基準に探したらいいか分からない~><」となっていませんか?

そんなあなたの結婚指輪選びの基準づくりに役立つポイントをご紹介します!

 

結婚指輪選びに役立つひとつの重要なポイントととして「指輪の幅」があります。

ファッションアイテムとしては、お洋服に比べ結婚指輪は小さいものの、実は指輪の幅で手元の印象がガラッと変わります

では、それがどの位違うものなのか・・・

シンプルな結婚指輪を使ってそのイメージの違いを見ていきましょう!

 

細めの結婚指輪 (幅1.5mm位)

細めの結婚指輪

最近人気の細めの結婚指輪は主張し過すぎずに、手元を自然に見せてくれます。

今、ファッションブランドで販売されているカジュアルな指輪は、アンティークなデザインを取り入れた細身のものが多いので、他の指輪と一緒に身に着けた時に自然に溶け込んでくれます。

デメリットとしては強度面では若干弱く、長年着けているうちに曲がってしまいやすいという点でしょうか。

標準的な幅の結婚指輪 (幅2.5mm位)

標準的な幅の結婚指輪

結婚指輪の幅としては最もスタンダードなサイズ感です。

適度な主張があり、婚約指輪や他の指輪と同じ指に重ね付けした時にバランスを取りやすい幅になっています。

半面、無難な幅といえますが、流行に左右されずに年齢を経ても違和感なく着けられるので長い目でみるとオススメです。

太めの結婚指輪 (幅3.5mm位)

太めの結婚指輪

しっかりとした太めの結婚指輪は十分な存在感があり、他にアクセサリーを着けなくても十分に手元を飾ってくれます

また、長年着けたままでも曲がりにくいです。

デメリットとしては購入額が高額になってしまいがちなこと、普段身に着ける他の指輪より結婚指輪の方が目立ち過ぎてしまう可能性があるなどが挙げられます。

 

いかがでしたか?

画像をご覧いただいた通り、シンプルな結婚指輪でも指輪の幅によって手元全体のイメージが大きく変わります。

そして、幅によってデザイン以外にも、金額や耐久性にそれぞれメリット・デメリットがありますので、普段のファッションや生活、お仕事などの環境、そして将来のお二人像を描きながらお二人にジャストサイズの「結婚指輪の幅」で絞って指輪選びをしてみてはいかがでしょうか?

 

横浜指輪工房の手作り結婚指輪は指輪づくりアドバイザーに相談しながら、お二人でお好きな幅に結婚指輪を作っていくことができます。

作りながら、その場で結婚指輪の幅やフォルムを確認して調整していけるのでとても安心ですね。

「自分で作るのはちょっと・・・」という方は、結婚指輪の幅サンプルをみて職人さんに結婚指輪をつくってもらうという方法もあります。

これからずっと一緒のお二人にぴったりな結婚指輪と出会えることを祈っております。それではまた!

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

次の記事
ペアリングをつける指って決まってるの?つける指の意味をお教えします!
前の記事
お盆中の営業につきまして