結婚式に指輪を交換しあう意味を知っていますか?

オーサー
公開
更新

結婚が決まると、結婚式を挙げる・挙げないに関わらず、多くのカップルが結婚指輪を選んだり、オーダーしたり、作りますよね。

慣例になっているため、特に意識することもなく「結婚が決まったから結婚指輪を選ぼうね」と、なることが多いのですが、いざ購入しようと思うと様々な疑問や不安が沸いてくることがあります。

なぜ左手の薬指につけるのか?結婚式を神前式で行う場合は指輪交換の時間があるのか?結婚指輪を購入する際に費用負担の決まりはあるのか?など、沸々と湧いてきてきてしまうお悩みを解決していきます。

 

結婚式に指輪を交換しあう意味2

なぜ結婚指輪なのか? 指輪が持つ意味とは?

そもそもなぜ結婚指輪なのでしょうか?二人で着けていられるものであれば結婚ネックレスや結婚ブレスレット等でも良い気がしますよね。しかし、そこにはちゃんと理由があるんです。

なぜネックレスやブレスレットではなく指輪なのか?

結婚指輪は金やプラチナなどの貴金属が綺麗に丸く一周しています。指輪であるからこそのシルエットは途切れることのない愛情を表していると考えられており、他のジュエリーでは再現することができません。

結婚指輪を薬指にする意味とは?

古くからヨーロッパでは指輪自体はもちろん、着ける指によっても意味があり、願いに準じた指に着けることで未来を好転させることができると信じられてきました。(参考: ペアリングをつける指って決まってるの?つける指の意味をお教えします!)

特に左手の薬指は直接心臓に繋がっていて左手の薬指に指輪を着けることで永遠の愛が叶うと信じられ、その想いは2000年経った現在まで脈々と受け継がれています。

ポイント

  • 結婚指輪には、他のジュエリーにない特別な意味がある
  • 指輪は左手の薬指に着けることができる唯一のジュエリーである

 

結婚式に指輪を交換しあう意味3

なぜ結婚指輪を交換するの?

結婚式では神父さんの前で結婚指輪の交換が行われますね。その際必ず男性が女性の指に、女性は男性の指に指輪を着けてあげますが、これはなぜなのでしょうか?

指輪交換が始まったのはいつ?なぜ行われるようになったのか

「結婚指輪を交換する」という文化は紀元後800年頃に東ローマ帝国で行われるようになりました。この頃は既婚・未婚の表明が重要であった (貞操観念が重んじられていた) ため結婚指輪の交換は、重要な儀式であったと言われています。

カップルがそれぞれ自身の指につけるのではなく、お互いに交換するという行動は「私の意思で、あなたのことを一生大切にします」とお互い誓い合う契りを表します。お互いの誓いを行動に移したものが結婚指輪の交換ということなのです。

神前式 (神社での結婚式) では結婚指輪を交換しないの?

結婚式では大きく分けて3つのスタイルがあります。チャペルで挙げる教会式、自由な形式で列席者の方々に結婚の証人となってもらう人前式、和式スタイルで神主さんの前で結婚を表明する神前式の3種類です。

それぞれに良い点があり、どのスタイルにするか迷うところですが、少し不安になってしまうのが、神前式を選んだ場合、和式スタイルのため「神前式では結婚指輪の交換ができないのでは?」という疑問です。

ご安心下さい。ほとんどの神前式で結婚指輪の交換は式の最中に行われます。ただ、絶対に式中にできるわけではないので、必ずプランナーさんや、式を行う寺社に確認して下さい。

万が一できないことが分かった場合は、後の披露宴で行う方法や、神前式と人前式を組み合わせることで解決できますので、全てを満足できる結婚式が創れるように工夫してみて下さいね!

結婚指輪の購入費に決まりはあるの?

婚約指輪の場合は男性から女性に婚約の証しに贈る指輪ですので男性、もしくは男性側の家が支払うことが一般的です。しかし、結婚指輪の場合には特に決まりはないので、

  • 婚約指輪と同じように、結婚の証しとして男性が購入費を支払う。
  • 自分が着ける指輪は、自分で購入費を支払う。
  • 交換するものなので、相手の指輪の購入費を支払う。
  • 指輪の交換は2人で行うイベントなので、購入費は折半する。

といった選択も不自然なことではありません。

一番重要なことは、結婚は2人でするものなので、指輪だけに関わらず、結婚全般についてお二人で良く話合うことです。場合によってはお互いのご両親を交えて打ち合わせながら進めるのが良いでしょう。

結婚までお時間がある場合には、お二人で共有の銀行口座を作って貯めていくのも良いと思います。お金のことは仲のよいカップルでも話しにくい場合もありますが、一緒に貯めていけばお互いへの理解や距離が縮まります。

ポイント

  • 結婚指輪の交換はお互いを一生大切にする意思表明の大切なイベント
  • 神前式を選んでも、ほとんどの場合、指輪の交換は式中にできる
  • 結婚指輪の購入費には決まりがないので、話し合って決めるのが良い

 

まとめ

結婚指輪の交換は、歴史的にも二人の想いを表す大切な意味があることが分かりますね。このことを踏まえて、これから結婚指輪選びを始めようとされているお二人にアドバイスがあります。

結婚指輪選びは、雑誌やインターネットでデザインを見比べて最良の指輪を選ぶ方法も良いですが、お二人で結婚指輪を作るという方法もあります。

お二人で結婚指輪を作ると、より気持ちの入った指輪が出来上がります。想像してみて下さい。お二人がそれぞれお互いの結婚指輪を作って、式の当日に自分が作った指輪をパートナーに贈る。・・・とても素敵ですよね。

二人で作る手作りの結婚指輪は、パートナーへの誓いであり、互いを大切に想う愛の形です。これからずっと一緒のパートナーと、ずっと一緒の結婚指輪は、お二人の手作りで揃えてみてはいかがでしょうか?

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

前の記事
結婚指輪やペアリング選びの参考に!貴金属の種類と特徴