指輪やネックレスに打たれている刻印の意味【役立つ雑学】

オーサー
公開
更新

指輪の内側やネックレスの金具を注意深く見てみると、小さな文字が打刻されています。婚約指輪や結婚指輪は、指輪の内側に記念日や、お名前を彫る事が多いので、お持ちの方はご覧になったことがあると思います。

打たれている刻印には、それぞれ意味があるのですが、様々な文字が入っていて「どの刻印が何を表しているか分からない!」という方も多いと思います。そこで、刻印の種類とそれぞれの意味をご紹介していきます。

 

ジュエリーの刻印の意味2

4種類の刻印の意味

指輪やネックレス、ピアスなどに刻印されている文字は、大きく分けて4種類に分類されます。

《金属の種類を表すもの》《留まっている石について表すもの》《第三者機関の検査合格を表すもの》《ご希望に合わせて彫るものやメーカーを表すもの》の4種類です。

《金属の種類を表すもの》

金・銀・プラチナの金属の種類と純度が刻印されています。銀やプラチナについては1000分率で、金は1000分率か24分率のどちらかで表記されています。その他の金属(真ちゅう・チタン・合金など)は、通常打刻されていません。

金の刻印

【純金 K18 K14 K10 750 585 18KT など】

先述しました様に24分率表記ですので、K18の場合は18/24で75%金が含まれているということになります。同じ様にK14では14/24で58%が金という表示です。つまり純金は24/24なので、純金=K24です。750表記は1000分率で75%が金=K18です。

18KTはヨーロッパ製のジュエリーに見られる刻印です。18karatの略で、直訳通り18金=K18を表します。

 

プラチナの刻印

【Pt Pm Pt1000 Pt950 Pt900 Pt850 など】

Ptは、「このジュエリーにはプラチナが使われていますよ」という刻印で、純度については表記されていません。一般的には85%の純度であることが多いです。PmはPtより前の時代に使われていたスタイルで、意味は同じです。

その他のPt900やPt850などは1000分率の純度を表します。Pt900なら90%プラチナ、Pt850なら85%プラチナですね。

 

銀の刻印

【SILVER SV Sterling SV950 SV925 925 など】

プラチナと同じ様にSILVERやSV は「銀製」を表します。Sterlingはスターリングシルバー(Sterling Silver)の略で92.5%銀の意味です。SV950やSV925、925は銀の純度も表す刻印のスタイルです。

 

その他の素材や注意点

【K24GP K18GF などGP・GFのついた刻印】

その他のチタン・真ちゅう・合金素材については、ほとんどのアクセサリーに刻印はありません。ですが、一部GPやGFが刻印されているものがあります。

こちらは、Gold Peint、Gold Filledの略でメッキを表します。本体は合金や銅、真ちゅうですので、金とは区別が必要です。

 

ジュエリーの刻印の意味2

《留まっている石について表すもの》

主にダイヤモンドが使われているジュエリーには、数字が刻印されていることが多いです。ダイヤモンド以外にも宝石が使われているものは、ct(カラット)表記で刻印されます。

【D1.00 R0.55 0.703 0.35 など】

数字のみが刻印されている場合は、留まっている宝石が1石の場合か、ダイヤモンドの重さ(ct)の場合が多いです。また、D1.00やR0.55などの場合で、アルファベットは、D=ダイヤモンド R=ルビーなど、宝石の名前を指しています。

小数点以下第二位までの重さを刻印することが通常ですが、留まっている宝石が鑑定済みの場合には、小数点以下第三位まで刻印することがあります。

 

《第三者機関の検査合格を表すもの》

日本国内では、制作したジュエリーについて造幣局に検査依頼をして、公的に品位(純度)証明をすることがあります。<こちらは造幣局へのリンクです>また、百貨店で販売されるジュエリーには、百貨店の検査合格を表す刻印が打たれている場合があります。

【日本国旗 三越マーク 高島屋マーク など】

安心してジュエリーを購入、使用できるように国や百貨店が品質を保証するために打つ刻印です。日本国旗のマークはホールマークと呼ばれ、通常は金具や、ネックレスチェーンなど、機械による大量生産品に打刻されています。

 

《ご希望に合わせて彫るものやメーカーを表すもの》

ご婚約指輪や、ご結婚指輪、ペアリングには、日付やお名前を刻印することが多いですね。また、ショップやメーカーが、自社商品であることを明らかにするために、ロゴを刻印することがあります。

【日付や名前 ショップマーク ブランドマーク など】

刻印の内容にルールや制約はありません。お客様のご希望によるプライベートな内容や、ショップ・メーカーのアフターサービスのための刻印が打たれているジュエリーやアクセサリーもあります。

 

ジュエリーやアクセサリーには、解説させて頂きました4種類、もしくはそのうち一部の刻印が打たれています。お持ちの指輪やネックレス、ピアスなどにも刻印されていると思いますので、是非見てみて下さいね!

また、作った当日に持ち帰れる横浜指輪工房の指輪手作り職人さん体験コースでは、指輪を作る工程で、銀に刻印する体験ができます。刻印の意味が分かったら、ご自身や、お二人でオリジナルリング(ペアリング)を作ってみると、より楽しくなりますよ。

 

関連記事:結婚指輪やペアリングに入れる文字は何にしよう?

関連記事:結婚指輪やペアリング選びの参考に!貴金属の種類と特徴

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

前の記事
【意外と悩む】指輪やネックレスのお手入れ方法【後編】
次の記事
結婚指輪やペアリング選びの参考に!貴金属の種類と特徴