ピアスをすると耳がかゆい!?金属アレルギーの原因・対策・予防方法

オーサー
公開
更新

「朝ピアスを着けて出かけると、お昼頃から耳がかゆくなってくる。」「ネックレスをしていると肌が赤くなってしまう。」もしかしたら、その症状は金属アレルギーかもしれません。「あれっ!?ちょっと変。」と気づいた時や、事前の予備知識としてご覧下さい。

金属アレルギーって何?起こる原因

金属アレルギーは接触皮膚炎という皮膚炎の一種で、ピアス着ける際に傷つけてしまったピアスホールや、汗で溶けだしたネックレスの金属物質の中で、アレルギー反応を起こしてしまう物質を取り込んでしまうことで起こります。

人体には異物が体内に侵入してくると追い出そうとする働きが備わっており、特定の金属成分が侵入してきた時に皮膚が反応すること (抗体反応) で金属アレルギーが起こります。この特定の金属アレルゲンと呼び、人によってアレルゲンとなる物質が違います。

蕎麦アレルギー等の食物アレルギーも人それぞれですよね。金属アレルギーの場合は遅延型アレルギーと言って、金属を身に着けているだけでアレルゲン物質が溜まり、ある時、急に症状が現れることが多いです。花粉症をイメージして頂くと分かりやすいです。

金属アレルギーは原因を特定することが難しいと言われますが、これは人によりアレルギーを起こす物質が異なるため、起こっている症状の原因を想定・確認し、金属だと分かった場合にも、反応している金属を特定することに時間と手間を要するためです。

金属アレルギーってどんな症状?

まず、金属アレルギーの特徴を見てみましょう。ピアスやネックレス・指輪を着けている時に以下の様な症状がある場合には金属アレルギーの可能性があります。この様な症状がある場合には一時的にアクセサリーやジュエリーのご使用を中止した方が良いです。

  • ピアス穴から汁が出る。
  • 着けている部位がピリピリする。かゆくなる。
  • 着けている部位とその周辺が粉を吹く。かぶれている。
  • 着けている部分とその周辺が腫れている。固くなっている。
  • 着けている部位とその周辺が赤くなる。発疹ができる。

別のアレルギーの可能性もある

一度アクセサリー・ジュエリーのご使用をストップしたら、次に今後の対策を考えていきましょう。まずは金属アレルギーなのか、別に原因があるのかを突き止める必要があります。金属アレルギーと近い症状を起こすものに以下の様な病気があります。

アトピー性皮膚炎
耳馴染みのあるアトピーですが、原因には食物・ハウスダスト・ダニ・ストレス等が考えられます。
白癬菌 (はくせんきん)
一般的には水虫と呼ばれています。切り傷等から水虫菌 (カビ) が侵入してしまった状態です。
汗疹 (あせも)
締め付けや、汗が溜まったままの状態が続くことによって湿疹やかゆみが起きてしまいます。
その他の物質によるアレルギー
衣類の化学薬品やゴム・革・化粧品等の日用品が原因の場合もあります。

金属アレルギーが現れやすい体の部位

皮膚の柔らかい部位、薄い部位に現れやすいです。耳や首筋、胸元がかゆくなったり赤くなったりしていた場合には金属アレルギーを起こしている可能性が高いので、「もしかしたらこれって金属アレルギーかも。」と思われたら次の対処法を試して下さい。

 


金属アレルギーかな?と思った時の3つの対処ステップ

①観察・原因の仮説を立てる

アクセサリーやジュエリーの使用を一時中断したら、しばらく様子を見てみて下さい (重篤な状態を除く)。この間に治癒具合を観察しながら別のアレルギーの可能性も含めて「原因はこれかな?あれかな?」と仮説を立ててみて下さい。

アクセサリーやジュエリーを外していてもアレルギー反応が見られる場合には、先述した別のアレルギーの可能性もあります。身に着けるモノの他にも体を洗う石鹸や、虫歯を治療した際の銀歯などは盲点になりやすいので注意して下さい。

②信用できる皮膚科の病院へ

仮説を立てたらお住いの地域の信用できる病院へ行って下さい。病院では起きてしまった症状と時間の経過を客観的に話しましょう。そして①で推測した仮説を、客観的なお話と分けてドクターにご相談してみて下さい。

皮膚科では、アレルギー性接触皮膚炎のアレルゲンを特定するためにパッチテストという検査をしてくれます。パッチテストは原因と思われる成分の試薬を体に貼り、数日置いてシールに反応が現れるかを検査し、アレルゲンを特定します。

なぜ先に仮説を先に立てた良いかというと、ドクターにはあなたの私生活が分かりません。ですので、客観的に起きてしまった症状と別に、思い当たる推測を伝えることでアレルゲン特定の確率が上がり、特定にかかる費用と時間を節約できる可能性があるからです。

③アレルギー検査の結果報告を受けて

金属アレルギーと分かった場合

金属アレルギーと分かりアレルゲンになる金属が特定できた場合は、今後も特定された金属は身に着けないようにしましょう。金属アレルギーは完治が難しいため、時間を置いても再度身に着けた際に症状があらわれてしまうことがあります。

金属アレルギーが特定できなかった場合

場合によってはアレルゲンが特定できないこともあります。その場合にはアレルギーを起こしやすい金属を含むアクセサリーやジュエリーは避けましょう。また、アレルギーを起こしにくい金属を着けていても反応が出てしまう時にはすぐに使用を中止して下さい。

 

金属アレルギーを起こしやすい金属・起こしにくい金属

アレルギーを起こしやすい・にくい金属は以下の通りです。パッチテストではアレルギーを起こしやすい金属を中心に試験されます。

金属アレルギーを起こしやすい金属 (50音順)
クロム
コバルト
スズ
ニッケル
パラジウム
金属アレルギーを起こしにくい金属 (50音順)
医療用ステンレス
チタン
プラチナ

金属アレルギーが疑われる際のアクセサリーやジュエリー選びの難しいところは、上記の様な金属が単体ではないところです。金やプラチナであっても単体では柔らかいので、一般的なジュエリーは金には銀や銅、プラチナにはパラジウムを混ぜて硬化させています。

このことから、アレルゲンが特定できた場合には、特定成分の表示がない場合でもご購入される前に成分を購入店にご確認下さい。また、特定できなかった場合はアレルギーを起こしにくい金属でも反応が起こってしまうことがあるので事前に病院に相談しましょう。

 

金属アレルギーを予防する3つのポイント

一度かかると完治しにくい金属アレルギー。できることなら症状が現れる前に対策をしておきたいところですが、アレルゲンを完全に予見するには、かなりの労力・時間・費用がかかってしまいます。かと言って全く対策方法が無いわけではありません。

完全ではなくても、金属アレルギーになってしまう可能性をかなり下げることができる3つの重要ポイントをご紹介します。

①金属アレルギーが起こる仕組みや、原因について知っておく

ここまで読み進めて下さったあなたは既に起こる仕組みや原因、そして症状が出てしまった時の対処方法も習得して下さっていると思います。症状が出る前に知っておくことで、もしもの時に素早く対処することができます。また、ご友人にもアドバイスできますね。

一つ注意したい点は、症状が出ていることが分かっていながら使い続けること。これは絶対に避けて下さい。「ちょっと赤くなっただけだから」「気に入っているアクセサリーだから」と言う様な理由で使い続けると、症状は徐々に重篤化していきます。

②購入しようと思うアクセサリーやジュエリーの金属を確認する

3つの対処ステップでご紹介させて頂いた通り、金やプラチナについてはアレルゲンになりにくいのですが、ニッケルやクロムについては、今は金属アレルギーではない方でも後々アレルギーになりやすくなってしまう金属です。

ニッケルやクロムは低価格帯のアクセサリー製品によく使用されています。Amazonやフリマサイトで販売されているアクセサリーや、その金具で金属の表記のないものはメッキに金属アレルギーになりやすい金属が使われていることがあります。

また、ゴールドフィルドのような金メッキであっても、剥げてきた時に中の成分が侵食して金属アレルギーになってしまう可能性があります。アレルギーのことを考えるとアクセサリーを選ぶ際にはチタンポスト等のアレルギーフリーのものを選んだ方が安心です。

③思い立った時に皮膚科でパッチテストを受けておく

はっきりとした症状がなくても「あれ?もしかして・・・」と思った時には皮膚科でパッチテストを受けておくと良いです。パッチテストは特殊な検査ではなく、広く行われているアレルギー検査ですのでお近くで実施している病院を見つけることができるでしょう。

通常、保険適用で十数種類の金属を検査できます。費用や詳しい内容については各病院にお問い合わせして下さい。「もしかしたら」と思われる方は、歯医者さんでの虫歯治療の前や、これから常に着け続けるご結婚指輪を選ぶ前に受けておくと安心できますね。

 

まとめ

体質によっては人に必要な金属であってもアレルゲンになってしまったり、一度かかってしまうと完治が難しかったりと、やっかいな金属アレルギーですが、一番の対策は予備知識と疑いの症状が出てしまった時の初動にあります。

また、アクセサリーやジュエリーを選ぶ際にはデザインや価格面からだけではなく、素材も気にかけて購入するようにしましょう。

当店では、11種類の金属の中からお好きな金属で指輪作りができるワークショップの他に、併設店でジュエリー・アクセサリーのお修理やオーダーリフォームも承っているのですが、意外とご自身のお品物の金属をご存知ない方も多くいらっしゃいます。

金属アレルギーを未然に防ぐためには今回の記事をご参考にして頂き、アレルギーにかかってしまう可能性を減らす工夫を、疑いがある方はできるだけ早い対処とアレルゲンの特定をして、これからもアクセサリー・ジュエリーライフを楽しんでいってくださいね!

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

前の記事
指輪の手作りキットってどうなの?指輪のプロがレビューしてみる