【別名はミディリング】インスタで人気のファランジリングってどんな指輪?

最近、インスタやテレビでファランジリングがよく取り上げられています。2010年あたりからこの流行が生まれて、その可愛さから何年かおきに流行っていますね!

そうは言ってもアクセサリー・ジュエリー全体としては、まだまだ知名度が低く、「ファランジリングって何?」という方も多いと思います。

ということで今回は、このファランジリングなるものについてご紹介していきます。

 

ファランジリングってどんな指輪?

ファランジリングとは英語の綴り、phalange(指骨)-ring(指輪)つまり関節につける指輪を指します。別名でミドルリングやミディリングとも呼ばれたりします。

通常、指輪は指の根本まで差し込んで身につけますが、ファランジリングは指の第一関節と第二関節の間につけます。上の画像にあるような感じでつける指輪です。

歴史的に確かな文献は残っていませんが、ファランジリング自体はかなり昔からあった様です。

ただ、関節につける指輪(一般的な指輪に比べて様々な作業の邪魔になる)という性質と、ジュエリーの歴史を鑑みるに、女性が一切家事を行わない時代(~20世紀前半)から、現代までの間はあまり一般的な指輪ではなかったのではないかと思います。

ファランジリングと聞いて「ああ、あれね!」とすぐに分かる方が少ないのも、こうした歴史的な背景が少なからず影響しているのでしょう。

 

ファランジリングはなんで流行ってるの?

そんな一般的ではないファランジリングですが、2010年頃から世界のセレブレティの方達が発信源になり、2017年の今また大きな注目を浴びています。

爪に近い位置の指輪なので、指輪と爪の両方を引き立たせてラグジュアリーに魅せる効果があるため、ネイルアートとの相性は抜群です。美しいネイルアートとファランジリングの組み合わせは、インスタグラムでも注目のジャンルになっています。

また、関節に指輪をつけることで、指を細く長く見せてくれる効果があります。

普通の指輪に比べて落としやすい、手先の細かい作業が少しやりにくいといった部分に目をつむって楽しむ指輪と割り切って考えると、手先を綺麗に、そしてファッション上級者に見せてくれるファランジリングが注目されるのは当然のことかもしれませんね。

 

ファランジリングを作ってみる

こうして流行中のファランジリングですが、通常の指輪のサイズより小さくなるので、専用の指輪を売っているお店でないと、なかなか見つかりにくかったりします。そんな時は自分で作ることもできますよ!

シルバーの棒を曲げていってサイズフリーのファランジリングを作るコースなら1本 4,860円~?(税込/材料費込み)

好きな太さ、好きなデザインで作るコースなら1本 16,200円 ~(税込/材料費込み)(リンク先の内容はペアリングで表示されますが、お一人でもご友人とお二人でも楽しめます。要予約)

上記の2コースでファランジリング作りが楽しめます。

また、片方無くなってしまったピアスのパーツ部分を使ってファランジリングにアレンジオーダーを承ることもできます。(打ち合わせが必要になります。)

 

世界に一つしかないオリジナルファランジリングを作って、その指輪にネイルも合わせてコーディネートを楽しんでみてはいかがですか?

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事