彼氏、彼女とケンカしちゃった時に仲直りできる3つのステップ

オーサー
公開
更新

ちょっとしたすれ違いや、勘違いで大好きな彼氏や彼女でも大ゲンカしてしまう時ってありますよね。

その時は本当に腹が立って言い争いになってしまったり、無言で帰ってきてしまったりして後から「あ~、なんであんなこと言っちゃったんだろ」とか「実は自分が悪いけど意地張っちゃった」なんて方も多いと思います。

そして、ケンカの後にいざ自分から彼や彼女にアプローチしようとすると、なんとなくやっぱり連絡しづらい。相手からの連絡を待ってもなかなかこない。。。と負のスパイラルにハマっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でもそこはちょっと冷静になって、これからご紹介する3つのステップを試してみて下さい。

 

ケンカの仲直り2

STEP1 ケンカになってしまった原因をよく分析する

まずはケンカになってしまった状況を思い起こしてみて下さい。なかなか冷静になれないかもしれませんが、できればノートやメモ帳に「なぜ」ケンカになってしまったのかを箇条書きで書いていきましょう。

書き込む際はできるだけ「私」でも「彼や彼女」でもなく「ケンカを見ていた人」になったつもりで書いて下さい。特にあなたにとって些細な事と思ったところには赤で丸をつけておくといいと思います

書き終えたら今度はノートに書かれている文章の相談に乗っていきます。「どちらが悪いのか」ではなく(たとえ一方が完全に悪いとしても)「どうしたら文章の人達が仲良くできるか」を書き込んでいきます。

また、先ほど赤丸をつけた些細な事は相手にとっては重大なことである可能性が高いので、文章の人には自分には些細なことでも相手には重要なポイントであることをよく言い聞かせて下さい。

そして、最後に全体を通してもう一度ノートを読み返してみましょう。そうすると、段々と自分と相手の心情が見えてくると思います。

 

ケンカの仲直り3

STEP2 落ち着いて相手に連絡する

相談に乗ってくれた「私」さんのアドバイスをよく守り、落ち着いて相手に連絡してみて下さい。もしかしたら彼(もしくは彼女)はまだ怒っているかもしれませんが、自分が悪かった点はきちんと謝り、相手が悪かった部分については「私」さんのアドバイスに沿って接すれば、だんだんと相手も冷静になってくれるはずです。

ポイントは言葉の上だけの話では終わらせないことです。

分析した中で原因となることで、お互いにとってやった方が良さそうなことであれば始めてみる、やめた方がいいことであれば些細な事と思うことでもやめる。これを継続することが大切です。

 

ケンカの仲直り4

Step3 お互いの気持ちを共有できる時間を増やす

ケンカすることは悪いことばかりではありません。ケンカをきっかけにお二人がお互いのことをもっともっと深く知るきっかけになるからです。

仲直りできたら、二人で過ごす時間についても是非お二人で考えてみて下さい。

ショッピングや映画を見たり、お食事に出かけたり、お家でまったりすることも、勿論お二人にとって大切で楽しい時間ですが、なかなかお互いのことを話したり、考えたりする時間には繋がりにくいですよね。

そこで、仲直り記念に、お二人のペアリングをお二人で作ってみるのがオススメです。

二人で相談しながら、お互いの指輪を作っていくと、今まで知らなかった相手の意外な一面が見えてきます。

いつもは、「会話」で当たり前のようにお互いを感じていますが、お二人がつける指輪を交換して作ると、自然と真剣に相手の好みの形を考えたり、相談しあったりする時間が生まれます。

また、作り方にも性格が出るので「体感的」にお互いを感じることができますよ。

そして指輪が出来上がって、彼氏(彼女)が自分のためだけに作ってくれたピカピカの指輪をつけた時、「色々ケンカするけど、やっぱりこの人がいい!」と思えるはずです。

ケンカから始まるお二人の仲直り記念日つくりませんか?

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

次の記事
【結婚指輪やペアリングを手作りする時の素材】金属?WAX(樹脂)?どっちがいいの?
前の記事
ミネラルショーで見つけた天然石を指輪やネックレスに自分で作る・オーダーする!