結婚指輪やペアリングの刻印は後から決めれる?消せる?やり直せる?

オーサー
公開

以前「【刻印のアドバイス】結婚指輪やペアリングに入れる文字は何にしよう?」という記事を書いたところ、いくつかご相談を頂きました。中でも多かったのが、刻印内容を決めきれなかったり、後から修正したくなった時にどうすれば良いの?というご相談でした。

確かに「1度刻印したら絶対に変えられませんよ!」とか言われたら考え込んでしまいますよね。でも、ご安心下さい。

ほとんどのケースでは入れた刻印は消したり、やり直したりすることができます。

ということで、今回は刻印内容に迷ったら購入後に入れてもらうことはできるのか?一度入れた刻印は後から修正できるのか?どんな方法で修正するのか?等、結婚指輪やペアリングを購入した後の刻印の疑問について詳しくお応えしていきます。

 

Q1. 指輪の刻印ってどうやって入れてるの?

指輪の内側に文字や図形などを刻印する際の方法はいくつかあるのですが、どの方法の場合も指輪内側の表面を彫って刻印します。最も原始的な方法は手彫りですが、技術の発達と共に、最近では美しく文字や図形を刻印できるレーザー彫刻の方法が主流です。

刻印を入れる道具と方法

それでは主な刻印の方法と使用される道具を見ていきましょう。

レーザー彫刻機
レーザー光線を使用して彫刻します。金属面にかかる圧や文字間をコンピュータで制御するので美しい刻印が入ります。
コンピュータの画面上で文字体を選んだり、手書きの図形や指紋等を取り込んで刻印することも可能です。
刻印機
刻印を入れるための専用の工具です。アルファベットが書かれた盤面をなぞると針に転写され文字が入る仕組みです。
以前は主流の刻印方法でしたが、盤面に無い文字は刻印できないため、現在ではこの方法は少なくなってきました。
打刻印棒
ポンチとも呼ばれる鋼鉄製の棒で、先が印鑑の様になっています。指輪に押し当てて金槌等で上から叩いて刻印します。
現在でも金属の種類を表す刻印を入れる際に多く使用されています。力加減や文字間の調整が難しい刻印方法です。
手彫り
文字通り、指輪の内側に専用工具を使ってフリーハンドで彫っていく方法です。
経験と技術が必要な方法です。他の方法にはない手作業の味が出ます。インディアンジュエリー等に多い刻印方法です。

刻印の内容を決める時の注意点

お店の環境によって刻印できない内容もあるので、予め刻印したい内容が決まっている場合はお店に相談しましょう。

特に指紋やオリジナルの図形・文字等を刻印したい場合は確認が必要です。欲しい指輪のお店で希望の刻印に対応していなかった場合は、対応している別のお店で刻印だけ入れてもらうこともできるので探してみて下さい (併設店のジュエリー優でもオリジナル図形・文字は可能です)。

もう一つの注意点は文字数です。結婚指輪やペアリングに入れる刻印の内容に制限はないので自由に決められるのですが、文字が指輪を一周してしまうような文字量は、後からサイズを直す可能性を考えると止めておいた方が良いです。

 

Q2. 指輪を購入した後から刻印を入れてもらうことはできるの?

「記念日を入れたいけれど、どの日を刻印してもらおうか迷ってしまう。」「購入店では入れたい刻印ができないと言われた。」等、という場合は指輪を購入しておいて、お二人でゆっくり話し合ってから、後々に刻印を入れてもらうということも可能です。

購入店で刻印してもらう場合

「結婚式が迫っているけれど結婚指輪の刻印内容が決めきれない!」等の場合は購入店に相談しましょう。購入後、数カ月以内の持ち込みの場合は可能というお店も多いです。可能な際には、持ち込み時に指輪以外に必要となるものが無いか確認することもお忘れずに。

刻印してくれるお店を探す場合

購入店ではご希望の刻印に対応していなかったり受け付けてもらえなかった場合でも、刻印を入れてくれるお店はあるのでインターネットで探してみて下さい。併設店のジュエリー優でも承っております (レーザー刻印20文字程度まで税込3,300円・指紋刻印不可)。

 

Q3. 刻印されている指輪から刻印を消すことはできる?

一度刻印を施した指輪から刻印を消すことは一部のケースを除き可能です。検索すると対応可能なお店が見つかると思います (併設店のジュエリー優でも承っております)。では、どうやって刻印を消すのか?刻印を消すことができないケースとは?についてもお話ししていきます。

どうやって刻印を消すの?

厚みが十分にある指輪で刻印の深さが標準的な指輪
金属表面を薄く磨き取る方法で刻印を消します。極端に指輪が薄くなってしまうことはありません。
新品の指輪・厚みがない指輪・深い刻印の指輪
刻印面に金属を盛り、埋めてから磨いて表面を均して仕上げます。

刻印を消すことができる指輪とできない (難しい) 指輪

指輪の刻印を消すことの可否は素材によります。下記をご覧下さい。ほとんどの金属で消すことは可能ですが、一部の金属では「できません」と言われてしまうので、購入前にお店に確認した方が良いですね。

刻印を消すことができる金属
10金、14金、18金、プラチナ、ステンレスといった、ジュエリー・アクセサリーに使用される一般的な金属
刻印を消すことができない (難しい) 金属
チタン、タンタル、ジルコニウム等、近年ジュエリー・アクセサリーに使われる様になった特殊金属

 

Q4. 刻印を後から入れ直してもらうことはできる?

これまで Q1 から Q3 でご回答させて頂いた通り、刻印を消すことができる金属であれば入れ直すことが可能です。刻印を入れ直す場合は、折角なのでフォントや文面にこだわってみるのも楽しいですね。再刻印にかかる時間はお店によって変わりますので要確認です。

 

まとめ

基本的には刻印は後から入れる・消す・入れ直すことが可能ですので、あまり慎重にならなくても大丈夫です。ただ、指輪のサイズと文字量のバランスによっては文字が小さくなってしまったり、入りきらないこともあるので、お店でご確認下さいね。

お二人の刻印についての不安が解消して、楽しく結婚指輪やペアリング選びに集中して頂けたら嬉しいです。

指輪をお二人で手作りできるワークショップ、横浜指輪工房のカジュアルペアリングのコース (お二人でシルバーのサイズフリーリングを作るコース) では、刻印機や打刻印棒を使って指輪への刻印を体験することもできるのでご興味のある方はお待ちしております。

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

前の記事
手作り婚約指輪ってどうなの?後悔する前に知るべき3つのリスク
次の記事
本物?偽物?ジュエリー・アクセサリーの貴金属刻印の信用性