手作り婚約指輪ってどうなの?後悔する前に知るべき3つのリスク

オーサー
公開

最近では結婚指輪だけでなく婚約指輪も、出来上がっている指輪を購入したり、オーダーメイドでお店に依頼して作ってもらう他に、ワークショップを行っているお店で自分で作ることもできるようになってきました。

婚約指輪をプレゼントするだけではなく、自作して大好きなパートナーにプレゼントすることはとても夢がありますよね!しかし、婚約指輪 (エンゲージリング) をご自身で手作りする場合には、作る前に知っておいた方が良いリスクがいくつかあります。

理解した上で作らないと後悔してしまう可能性がありますので「婚約指輪を手作りしてみようかな?」という方はご一読下さい。


婚約指輪ってどんな指輪?

あまりジュエリーに馴染みの無い方には「婚約指輪 (エンゲージリング) と結婚指輪 (マリッジリング) の区別がつかない!」という方もいらっしゃると思いますので、本題に入る前に違いをご説明させて頂きます。

婚約指輪
これから結婚を申し込む時にプレゼントする指輪。結納として贈ることもある。一般的に指輪の中心に大粒のダイヤモンドをあしらったデザインの指輪が多い。
結婚指輪
結婚が決まってからお二人で用意する指輪。結婚後は常に付けることになる指輪。一般的に、宝石は留めないか、メレダイヤと呼ばれる小粒のダイヤモンドを使用したデザインが多い。

上の画像の様なダイヤの付いている指輪が婚約指輪、結婚式で指輪交換をしてから付け続ける指輪が結婚指輪というイメージです。

 

婚約指輪はどう選ぶ?

「婚約指輪を用意しよう!」と思った時に揃える手段は大きく分けて3種類です。こちらについても解説していきます。

出来上がっている指輪を買う
百貨店やショッピングセンターで販売されています。出来上がっている指輪は料金が表記されているので総額が分かりやすい反面、ダイヤモンドの大きさ指定やデザイン面の調整ができないというデメリットがあります。
オーダーメイドする
百貨店やジュエリーショップで、ダイヤモンドと指輪のデザインを別々に選んで作ってもらう方法です。好みに近い指輪ができるというメリットに対し、完成まで時間がかかる・打ち合わせが必要というデメリットがあります。
併設店のジュエリー優でも婚約指輪のオーダーメイドを承っております。
ワークショップで自作する
最近見られる様になった方法です。婚約指輪作りのできるお店に行って、アドバイスや補助を受けながらご自身で指輪を作る手段です。指輪を自作することで想いがこもるというメリットの反面、様々な懸念点もあります。

今回は題名の通り、ワークショップで婚約指輪を自作する場合の様々なリスクついてお話しを進めていきます。

 

婚約指輪を手作りする前に知っておきたい3つのリスク

婚約指輪は結婚指輪と違い、大粒のダイヤモンドを留める指輪を作ることになります。そのため、結婚指輪や他の宝石を使った指輪を手作りする場合とは異なる3つの大きなリスクがあります。

①ダイヤモンドという宝石の性質

ブリリアントカットの図解画像

ダイヤモンドの特徴は透明感と輝きです。一般的なフォルムのダイヤモンドは横から見ると画像の様な形にカットされています。ブリリアントカットと呼ばれるこの形は、外から入った光が途中で逃げることなく全反射するように工夫されています。

多くの宝石と違いダイヤモンドは無色透明ですので、輝きを最大限まで引き出してあげることが一番重要になります。そのため、ダイヤモンドのカットだけでなく、土台となる指輪の方も採光性の良いフォルムに作ってあげることが求められます。

ワークショップで手作りする場合は石枠部分については職人さんに任せて、指輪部分をご自身で作るケースが多いですが、石枠もご自身で作成となると難しいかもしれません。制作にはダイヤモンドの大きさと指輪の高さや幅のバランスが重要になります。

②作れる婚約指輪の構造

石枠が指輪部分に挟まれている指輪と、石枠を指輪部分に載せて衣類指輪の画像

どんなに上質のダイヤモンドを使用しても婚約指輪の構造によっては本来の輝きが発揮できません。石枠と指輪のバランス以外にも指輪の望ましい構造として、石枠が指輪部分に挟まれている (画像左)、もしくは石枠の一部が指輪と一体化していることが必要です。

作成した指輪部分に石枠を乗せて溶接する方法 (画像右) ですと接点が弱いため、指輪を扉などに引っ掛けた際に石枠が外れてダイヤモンドを紛失しまう恐れがあります。また、石枠の底面が塞がってしまうのでダイヤモンドの輝きも半減してしまいます。

横浜指輪工房でも自分で作るリフォーム (オリジナル) リングコースという宝石付き (ダイヤモンド以外) の指輪をご自身で制作できるコースをご用意しておりますが、必ず石枠の一部と指輪部分が一体化する様に調整させて頂いております。

③婚約指輪の使いやすさ

高さのある指輪は引っ掛かりやすいというのを示す画像

石枠を指輪部分に乗せる構造の場合、指輪の高さは、リングの高さ + 石枠 (とダイヤモンド) の高さになります。この構造に限ったことではありませんが、一部分が高いデザインはお洋服や扉などに引っ掛け、トラブルを起こし易くなります。

婚約指輪はこれからご友人・ご親族のお祝いの席や、お子様がお生まれになったら入学式・卒業式などで活躍する指輪になりますので、ご使用になられるシチュエーションも長期的な視点で想像してから検討された方が良いでしょう。

併設店ジュエリー優では「高さがあって使いづらいから別の形にリフォームしたい」というご相談も頂いています。指輪の形を変えたくなったり、記念日に作り直すのは良いですが、作った指輪が使いにくくてリフォームするという理由は悲しいですよね。

 

婚約指輪を自分で手作りするメリット

ここまで婚約指輪を手作りするリスクばかりをお話してきましたが、不安要素ばかりではなく手作りするメリットもあります。

手作りすると想いがこもる

大切な婚約指輪なので、他の条件はひとまず置いておいて「自分の手で作って想いを伝えたい!」という考え方もありますよね。そう思われた方の場合には手作り婚約指輪は合っていると思います。ジュエリー全般にも言えることですが、最優先は想いです。

婚約指輪を贈る側も、贈られる側も「嬉しい!」と思えることが一番大切ですので、お互いが笑顔になれる方法で婚約指輪をプレゼントするのが良いでしょう。婚約指輪を眺める度に「結婚当初を思い出す」そんな指輪に作れたら大成功ですね。

手作りすると費用面で有利なことも

婚約指輪を手作りする場合には、ご自身で指輪全体の大きさを決めていきますので、売っている指輪を購入する場合やオーダーメイドで制作を依頼するよりも料金が安く抑えられることがあります。

ダイヤモンドが高額ですので、リング部分はできるだけ費用をかけたくないという方にも手作りはオススメです。

 

まとめ

今回ご紹介させて頂いた3つのリスクは贈る時だけのことではなく、将来的にも影響のあることですので、婚約指輪を手作りする前にデメリットにならないことを承知の上で作成に当たって下さい。場合によっては作成予定のお店に事前確認するのも良いでしょう。

横浜指輪工房でもお問い合わせを頂いているのですが、長期的な視点から鑑みると、婚約指輪についてはお客様に手作りして頂くことは難しいと考えているため、お客様ご自身で婚約指輪を手作りして頂くコースは設けておりません

しかしあくまでこれは当店の判断です。婚約指輪を手作りできるお店は多数あり、それぞれのお店にスタイル・ポリシーがあると思います。その中で、リスクポイントをクリアできて、貴方が「ココ!」と思えるお店を見つけることが出来たら幸いです。

  • Google+
  • はてなブックマーク

関連記事

前の記事
指輪をプレゼントする前に!必ず押さえておくべき5つのポイント
次の記事
結婚指輪やペアリングの刻印は後から決めれる?消せる?やり直せる?